バチェラー4の女性メンバー総まとめ ⇒ チェックする

【桑原茉萌】シンディはバーレスク東京での名前!由来も解説【バチェラー4】

2021年11月25日(木)から始まる、バチェラー・ジャパン シーズン4に出演するシンディこと「桑原茉萌さん」

自分がどんな時も必ずNo.1だと豪語し、自信たっぷりな姿が印象的な女性です!

さる

シンディは、バチェラー4でかなり重要な役どころのメンバーになりそう!

この記事では、桑原茉萌さんが「シンディ」と呼ばれる理由やその愛称の由来についてまとめました!

あわせて読みたい
【バチェラー4】女性メンバー15人総まとめ!人気投票ランキングも 2021年11月25日(木)から、バチェラー・ジャパン シーズン4の放送が始まりますね。 過去のバチェラーでも個性的な女性メンバーが登場しましたが、バチェラー4も魅力あ...

目次

桑原茉萌が『シンディ』と呼ばれる理由

桑原茉萌さんは、バチェラーに「シンディ」と読んでほしいと言っていましたが、なぜ「シンディ」なのでしょうか。

桑原茉萌さんが「シンディ」と呼ばれるようになった経緯と、名前の由来は何かというと、

理由が2つあります。

  1. ディズニーのプリンセス「シンデレラ」が好きだから
  2. バーレスク東京に入店したとき「シンデレラのように駆け上がっていけたらいいな」という想いを込めて

という理由から「シンディ」という名前で活動しているとのこと。

①「シンディ」の由来は好きなキャラ「シンデレラ」から

桑原茉萌さんは、昔からディズニープリンセスの「シンデレラ」が大好きで、

シンデレラのコスプレをしたり、シンデレラグッズを大量に部屋に飾ったりしています。

さる

シンディのコスプレも可愛い!

②バーレスク東京のダンサー『シンディ』の名前で活動

桑原茉萌さんは、過去にバスガイドとして働いていましたが、

持病の悪化によりバスガイドを退職、

その後、人生一度きり自分のやりたいことをやると大宮でキャバ嬢になります。

バズガイドから大宮キャバ嬢までのシンディ

大宮のキャバ嬢としてナンバー1を獲得した桑原茉萌さんは、次はバーレスク東京で1位になると決意し、

2019年4月頃からバーレスク東京で働き始め、その時から「シンディ」という名前で活動していました。

バーレスク東京は、セクシーな美女ダンサーがパフォーマンスを披露する六本木にあるショークラブ

さる

バーレスクでは、その活躍ぶりから六本木のシンデレラって呼ばれてたみたいだよ!

こちらは、バーレスク時代のシンディ。

バチェラー4のときと雰囲気は違うけど、テンション高い感じは一緒ですね!

桑原茉萌さんは、その美貌とコミュ力で、バーレスク東京入店してすぐにトップの座を獲得します。

シンディがバーレスクで活躍していた頃の姿が「家、ついて行ってイイですか?」でも放送されていましたが、

番組の中でも「バーレスクでの人気は1番か2番くらい」と言っていましたね!

そんな桑原茉萌さんは、バーレスク東京でお給料も100万円を超えるくらいに大活躍

大宮のキャバ嬢を辞めて、バーレスクに入って良かったと話していましたが、

お店とのトラブルにより、2020年11月29日にバーレスク東京を突然卒業してしまいます。

卒業理由については、明言されていませんでしたが、

急遽、お店を卒業する形となっているため、かなりトラブルを抱えた状態で辞めたようですね。

さる

卒業イベントもさせてもらえなかったみたいだから、円満とは言えなさそう…

ただ、バーレスク東京では、センターでダンスを披露したり、テレビ番組出演するなど大活躍し、

「シンディ」の知名度も獲得することができたので、

そのまま「シンディ」の名前を使って活動することにしたみたいですね!

まとめ

あわせて読みたい
【バチェラー4】女性メンバー15人総まとめ!人気投票ランキングも 2021年11月25日(木)から、バチェラー・ジャパン シーズン4の放送が始まりますね。 過去のバチェラーでも個性的な女性メンバーが登場しましたが、バチェラー4も魅力あ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる