四味一体

解体 五五七二三二〇が、4つのユニットに。

Facebook
Twitter
EN

CM

CM

CONCEPT

解体という進化。

「ココナッツサブレが4つに小分けになる」
その衝撃的な「進化」を楽曲とパフォーマンスにした今作。「湿気らない」「小腹にちょうどいい」「友達と分け合う」「50年目の進化」4つの楽曲タイトルはココナッツサブレの進化をヒントに作られた。それぞれまったく違う味が味わえる個性的な4曲、ぜひお楽しみ下さい。

ココナッツサブレブランドサイトへ

COLLABORATION

banvox
LYRICS
MESSAGE

The Colorful World ~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~

東京を拠点に活動するプロデューサー/DJ。昨年リリースしたシングル『Watch Me』が米クラブミュージック配信最大手Beatportダブステップチャート、iTunesダンスチャート、Shazamジャパンチャートで三冠を達成。ULTRA JAPAN、FUJI ROCK FESTIVAL他、数々の大型フェスにも出演。ワールドワイドに活躍する日本人アーティスト。ココナッツサブレを小学校の遠足で食べた、というつながり で今回のコラボが実現。

RYO the SKYWALKER
LYRICS
MESSAGE

シケラナイ。

ジャパニーズ・ダンスホール・レゲエ・シーンの第一線かつど真ん中でマイクを握るレゲエ界きっての敏腕ACE。常に進化するスキルで周囲を魅了し、ウィットに富んだ言葉のデリバリーも天下逸品。ココナッツサブレが昔から大好き、というつながりで今回のコラボが実現。

U-zhaan
LYRICS
MESSAGE

ガラパゴス・ビスケット

北インドの打楽器「タブラ」の、日本を代表する奏者。2014年に坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。くるり、レキシ、椎名林檎、七尾旅人、岸谷香、小室哲哉など様々なアーティストの作品にも参加し、多くの音楽ファンを魅了している。ココナッツサブレは食べたことはないがココナッツは好きだ、というつながりで今回のコラボが実現。

HIFANA&The Ventures
LYRICS
MESSAGE

小腹にデンデケ。

1959年に結成し、今年で55周年を迎えた。1962年に初来日後、日本での公演回数は2,650回を越え、全国47都道府県を網羅し、300万人以上を動員している。あの個性的な♪テケテケ・サウンドで日本中の若者を釘付けにし、60年代半ばに「ベンチャーズ」がもたらした「エレキ・ブーム」が社会現象とまでなった。2007年にはロックの殿堂入り。ココナッツサブレと“ほぼ同世代”というつながりで、今回、来日ツアー中にレコーディングに参加。

KEIZOmachine!とジューシーにより、1998年に活動開始。日本独自の観点を融合させた自身のユニークな楽曲群は世界でも評価が高く、これまでにイスラエルと日本の国交60周年イベントへの出演や、フランスのEMI Musicからのアルバムリリースなどクラブ/フェス規模から国内外を含む国境をまたいだ企画へと、その活動は多岐に渡る。ココナッツサブレは食べる度に素朴な感動あり♬ 大好き(KEIZOmachine!)ココナッツサブレを食べて、ここまで大きくなった(ジューシー)というつながりで今回のコラボが実現。

Member

メンバー個人に関する情報は、非公開とさせて頂きます。今回もネット上で様々な情報が飛び交っていますが、引き続き公式としてのコメントは控えさせて頂きます。

DISCOGRAPHY

これまでの五五七二三二〇の楽曲紹介はこちら。
半世紀優等生
ポンパラ・ペコルナ・パピヨッタ
解体